気圧の谷

わたしの脚は、ゆにばーすはらちゃんの脚に似てる

まだ諦めを覚えていない者

スカートをはくと反社会っぽくなる。わたしは冬のみ、スカートをはく 毛穴、傷跡、質感(おろしがね)、すね毛の関係で。スカートに合わせるブーツじゃない靴も買った ドクターマーチンのにせものをはいてコレクターズの映画に行くところだった

 

人生に希望を持っている自分への期待の表明として、パナソニックの12000円のドライヤーを買うか(景気付け)、コイズミの2400円ぐらいのを買うか(なげやり、「どうせわたしなんて」)美しい嘘に魅了されていたい

 

人生に希望を持っている自分への期待(繰り返すことによる暗示)として誕生日に頭のセットを予約した(景気付け)。「毛の流れ的に、しらがが表面に来てたらぐいぐいって中にいれてください」